It Might As Well Be Spring - テル先生のジャズヴォーカル夢物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It Might As Well Be Spring

ジャズ・ヴォーカルの伴奏を学びましょう。

今回の曲は
「It Might As Well Be Spring」です。

ヴォーカリストは、
歌を参考にして練習して下さい。

「It Might As Well be Spring」
Michelle Benjamin with Doug McKenzie





歌詞付きの楽譜は
「ザ・リアル・ボーカル・ブック」第1巻
167ページにあります。
女声用と男声用がありますので注意。
このブログ右側に曲集の案内があります。

英語歌詞、日本語訳、曲の解説は
「ジャズ詩大全」第16巻、11曲目、
71~78ページにあります。
解説は、かなり詳しく書いてありますよ。

ジャズ詩大全16 (楽譜なし)




ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011-12-07 05:53 | from -

トラックバック

http://jazzvocal1.blog.fc2.com/tb.php/48-0e51b74f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。