ソフィー・ミルマンの3作目 - テル先生のジャズヴォーカル夢物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフィー・ミルマンの3作目

「最近話題のジャズ・シンガーを聴いてみよう」
と私は思った。

実は、ここ数年ヴォーカルを聴いていなかった。

20年前から10数年間は
ジャズ・ヴォーカルCDをメチャクチャ沢山集めた。

しかし、この数年は…。

それで、いろいろ調べていたのだけれど
まず、これを買ってみた。

「テイク・ラヴ・イージー」
ソフィー・ミルマン(Vo) Sophie Milman

このアルバムは、3作目らしい。

「なぜ3作目から買ったのか?」
というと、ジャケット写真を見たら…!!





選曲がいいから買ったんだよね。
有名なスタンダード曲も多いし…。
(言い訳っぽい?)

1. Beautiful Love
2. Take Love Easy
3. I Concentrate On You
4. Day In, Day Out
5. Be Cool
6. My One And Only Love
7. I Can’t Make You Love Me
8. That Is Love
9. Love For Sale
10. I’m On Fire
11. Triste
12. 50 Ways To Leave Your Lover
13. Where Do You Start?
14. Down With Love
15. The Best Is Yet To Come

14、15曲目の2曲は
日本盤ボーナス・トラック。

しかし聴いてみて良かった。
歌もいいし、伴奏(アレンジ)も学ぶことが多かった。

これは買って正解だった。
話題になっているのは当然だね。

ヴォーカルの人も勉強になるのでお薦めだ。

テイク・ラヴ・イージー

<内容紹介> amazonより

デューク・エリントン、
コール・ポーターなどの
ジャズ・スタンダード、

アントニオ・カルロス・ジョビンの
ボサノヴァ・ナンバー、

ミュージカル・ナンバーなど
珠玉の名曲をとり上げているほか、

ジョニ・ミッチェル
(‘Be Cool’)、

ブルース・スプリングスティーン
(‘I’m On Fire’)、

ポール・サイモン
(‘50 Ways To Leave Your Lover’)など

ポップス、ロック・ナンバーも
小粋なアレンジーでカバー。

ジャズ・ボーカル・ファンのみならず
すべての音楽ファンを虜にする
彼女の魅力がたっぷり詰まった極上のアルバム。

日本盤ボーナス・トラック
2曲収録(M14,15)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://jazzvocal1.blog.fc2.com/tb.php/20-da4f3ebb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。